切手買取でプレミアムとなる文化人切手の種類

切手買取で取り扱う種類には様々な物がありますが、その中で価値がある切手をプレミアム切手と呼ばれています。プレミアム切手は切手自体の値段に対して1円でも価値が付いたものを呼ぶ名称であり、値段の価値自体は切手の種類によって様々です。そんなプレミアム切手の中でも人気が高く、切手買取でも高額で取引される種類として文化人切手があります。販売されいている文化人切手には第一次と第二次がありますが、その中でも第一次の文化人切手は人気があり1949年から1952年に販売されたものになります。第一次切手は全部で18種類販売されており、全てが揃った状態で切手買取を利用した場合は、査定は高額になることが殆どです。また文化人切手自体はシリーズとして全てを揃えていない状態であっても、単体の切手でも評価はとても高いです。ただし18種類ある文化人切手はすえて同じ評価ではなく、描かれている文化人によって価値には違いがあります。価値の違いとしてはデザインによって希少性が異なる点が理由になります。

切手買取 比較
切手買取のお店比較と高く売るコツをご紹介